カテゴリ:旅行♪( 32 )

ご無沙汰しています。気がついたら3ヶ月ほど放置、、、
面倒臭いモードに入っていたのですが夏休みも終わり明日から仕事開始。
気分も新たにマイペースに更新して行きたいと思いますので
これからも宜しくお願いします。

e0094906_5185612.jpg

我が家の夏休み、前半は例年のごとくTodoっち実家。
上げ膳据え膳、娘の面倒も見てもらって申し訳ないぐらい
何もしないダメ嫁でした。おかげで久しぶりにのんびりできて快適。

その後、ブルターニュ地方、カンペール近郊へ。
こちらは家族3人でジットを借りて滞在。
この夏は冷夏でバカンス前はずっと天気が悪く
行き先を知っている同僚達から
可哀想、可哀想と言われて続けていたのですが
日頃の行いが良かったのか快晴♪の毎日。
ここを拠点に海水浴、観光を楽しんできました。

e0094906_5245663.jpg

娘も気がつけば21ヶ月。
このバカンス中に新しい言葉を沢山覚え
義両親や私たちをとても喜ばせてくれました。

今年も波、藻、貝殻を怖がって1人で海に向かう事は出来なかったけれど
砂遊び、石拾いを楽しんでいたのでまあ良いか。。。
時々他の子の方へ邪魔しに行ったりしてましたけど。。。

久しぶりに家族3人でゆっくり過ごしたので
娘もそれに慣れてしまい、パパ、ママに甘え放題だったので
今週から再開した保育園の初日はちょっと不安そうでしたけれど
友達にも会って楽しく過ごしてくれているようです。

明日からいつもの日々が始まるのに
既に次の休みが恋しい日々です。
[PR]
by bibendumkiki | 2011-09-01 05:42 | 旅行♪

e0094906_4282549.jpg

ご無沙汰してます。
8月11日からバカンスに出てて今日帰宅しました。
行き先は例年のごとくTodoっち実家。
そこを拠点に寒かろうが曇り空だろうが毎日のように海へ。
↑はVendee県のNotre Dame de Montsの海。


e0094906_4354984.jpg

初めて海にきた娘。どんな反応をするかな?と思いながら
海に足をつけさせてみました。
最初は何これ?って感じで固まってましたけど
暫くすると波の揺れ、音、風にビビリ
泣き出してしまいました。

これ以降、抱っこしながら海へ入るのは大丈夫なんですけど
自分の足をつけるのは嫌がったのでさせませんでした。
もう少し大きくなって楽しめるようになりますように。
[PR]
by bibendumkiki | 2010-08-23 21:24 | 旅行♪


e0094906_23434567.jpg

やっぱりベルギーに来たからにはワッフルでしょう。。。という事で
e0094906_23445633.jpg

到着後、お昼ご飯を簡単に済ませ散歩をし、
小腹が空いた頃に食べに行って参りました。
私はワッフルにバニラアイス。Todoっちはキャラメル。
甘すぎずフワフワして美味でした。(ちょっとバターっぽいけど)

お腹いっぱいになり満足してお店を出て
街散策を再開。
ホテルに戻ろうとのんびり歩きながら到着直前で
飲み物を買う為に財布を出そうと思ったら私の鞄が無い!!!
サロンドテで隣の椅子に置いた所まで記憶にあったので
慌ててお店に引き返す事に。
鞄の中には財布の他に携帯やら身分証明書やら
Todoっちのパスポート、免許書も入ってたので
これが無くなったら一大事。もう目の前が真っ暗。。。
でも3時間ぐらいは経った後なので
後から着席した人などに盗られてたら、、、
等々考えながらお店に着くともう閉店。
でも、掃除中でドアが開いてたので中に入り鞄の事を聞くと
ありがたい事に預かってくれてました。(ホッ)
連絡先を探そうと鞄の中を見たけれど
何もなかったのでそのまま預かっていたんだそう。


e0094906_23451664.jpg

ちょうど帰る日が私の誕生日だったので
最後にまた同じサロンドテに寄りました。
美味しそうなケーキがならんでいたんですけど
この日はとても暑かったのでアイスクリームでお祝い。

e0094906_23454391.jpg

チョコアイスにチョコソースがけ。
濃厚なチョコソース、めっちゃ美味しかったです。

見つけてくれた人がお店の人だったのか
後から座った親切な人だったのか。。。
パリだったらまず見つからなかっただろうなあ。
娘が産まれてから子供の方に気を取られる事が多くなり
注意力散漫になる時があるので気を付けなければ。
と肝に銘じた出来事でした。
これが旅の1番の思い出です
[PR]
by bibendumkiki | 2010-06-10 23:30 | 旅行♪

e0094906_41437.jpg

Brugesから直ぐお隣のDammeという街へ行ってきました。
ここへは緑に囲まれた運河に沿って行くのでサイクリングするのに最適。
子連れ旅行な私たちは車で行き、運河沿いを少し散歩しました。

e0094906_4215461.jpg

のどかな風景が広がり新緑の中を歩いてると心が癒されます

e0094906_4252818.jpg

娘が寝始めたので再びドライブ。
ちょっとオランダまで足を延ばしてみました。
同じような風景、建物が広がってるので
いつ国境を越えたのかも定かじゃなかったですが、、、

e0094906_4281131.jpg

またDammeに戻ってきてランチ
e0094906_4283165.jpg

この日はニクニクしく
写真は無いですが牛肉のカルパッチョに牛ステーキ。
ベルギーなのでもちろんフリット付き。
満腹になったのでデザートは無し。
そうそう、ベルギーではs'il vous plâitと言いながら
お皿をテーブルに置いてくれます。
同じ言葉でも国によって使い方が違ってくるのが面白い。
[PR]
by bibendumkiki | 2010-06-07 20:58 | 旅行♪

快晴が続いたこの週末、ちょっとパリを離れて小旅行。
行き先は北のベニスと呼ばれるベルギーのブルージュ。

e0094906_4141688.jpg

何回か来た事はあったけど毎回秋か冬だったので
初夏のブルージュは初めて。
季節が違うとこうも雰囲気が違うのか
以前に見た風景の記憶を思い出すのに少々時間がかかってしまいました。

e0094906_4184870.jpg

観光客も沢山来てました。
オランダ語圏の街ですがフランス語もある程度通じます。
やはり政治的な事もあるのかフランス語を分かってても
話してくれない人もいたりして、、、
でも、観光客相手のお店ではにこやかに仏語で対応してくれましたよ。

e0094906_4252775.jpg

街全体の雰囲気がよいので
特に何処かを見学することもなく街をブラブラ散歩。
ただ石畳ばかりだったのでプセットは押しにくい。。。
しかも日射しが強かったので手はプセット焼け。
(手の甲だけが妙に黒いです。。。)

e0094906_426738.jpg

各家庭、色んな郵便受けがあったけれどこれが一番私好み。

途中、bibekikiナビが故障してしまって
ちょっと道に迷うということはありましたけど
パリからだと車で約3時間。意外と近かったです。
[PR]
by bibendumkiki | 2010-06-06 21:10 | 旅行♪

今日で8月も終了なので急いで更新。

パリに帰る途中ナンシーに立ち寄りました。
週末のパリ近郊の交通渋滞を心配して
早めに帰宅できるようにと
お昼ごはんを食べたぐらいで
観光らしい観光はしてません・・・・

e0094906_3521661.jpg

せっかく来たんだからと、スタニスラス広場だけ観光。

e0094906_355061.jpg

ロココ様式の門が何箇所かあり、
整然とした広場でした。スタニスラス像の後ろにあるのは
市役所、その横にはナンシー美術館があります。


でも、ナンシーに着たからには食したかった物だけは
探して買って帰りました。

e0094906_3583398.jpg

マカロン・ド・ナンシー
イタリアのカトリーヌ・ド・メディシスによって
フランスに伝えられたようなんですが
なんでも、ナンシーの修道女が
修道院長の胃に負担をかけないようにと
考えられて作られたのが起源のようです。
フランス革命で追われた修道女2人が
かくまわれた家でマカロンを作り始めたのが
評判となり「les Soeurs des macarons」
と呼ばれるようになったんだとか。

この話にちなんだお店が1軒あるようなんですが
そんなことはつゆ知らず
たまたま入ったパティスリーでこのお店のマカロンが
売られてたのでこちらで購入。店員さんが話好きな人で
↑の話を教えてくれました。

ナンシーのマカロンは12個を1セットとして紙に張り付いて焼かれていて
注文するとこれを半分に折って箱に入れてくれます。
パリのマカロンと違って表面がゴツゴツしてます。

パリのマカロンはメレンゲを泡立てるので表面がツルっとし食感も軽いのですが
こちらは泡立てず、このひび割れを残す為に表面に水をかけて
焼くようです。食感もネッチョリして違うお菓子みたいでした。

パリのマカロンの賞味期限は店によって要冷蔵3,4日ほど
ナンシーのマカロンは1週間ほど大丈夫なんだそうです。

ちょっと甘かったけどお茶のお供に最適でした。

結局最後まで食べ物を求める旅でしたわ。
機会があればアール・ヌーボー建築を
色々見に来たいなあ。

これにてバカンス日記終了。
長いことお付き合いくださいましてありがとうございました。
[PR]
by bibendumkiki | 2008-08-31 20:30 | 旅行♪


Niedermorschwihrを後にし
Kaysersberg(カイゼスベルグ)という村に寄ったら
今にも雨が降ってきそうだったのでホテルに戻ってのんびり。

e0094906_4181874.jpg

今回滞在したホテル、アルザス地方の田舎の家をイメージした
可愛らしいホテルで居心地よかったのです。
(HPの写真、あまり綺麗に撮れてなくって残念なくらい)

こちらのホテル、Table d'hôte(日本でいう旅館みたいなもの?)でして
オーナー夫婦お手製のアルザス家庭料理が食べれるのです。
最後の日はこちらでご飯を頂きました。

食堂には大きなテーブルが1つあって
他の滞在客と一緒にテーブルを囲んで食べれるのですが
この日の予約は私達のみ。
前日は大勢でワイワイ食べてたようなのでちょっと残念。

e0094906_4494647.jpg

アントレにトマトとバジルの冷スープ。
アルザスっぽくないけど暑い日にはこういうさっぱり
スープが美味しい。2杯目おかわりしてしまいました。

e0094906_4535223.jpg

豚のすね肉+ジャガイモ。
骨と肉が簡単に離れるぐらい柔らかく煮えてました。
最初にスープを飲みすぎたので
このボリュームたっぷり肉はさすがに完食できず。

e0094906_504337.jpg

この地方のスペシャリテ、マンステール・チーズ+蜂蜜と
Gewurztraminer vin dange tardive
※遅摘みの葡萄で作られたゲヴルツトラミネールというアルザスワイン

このゲル・・・ワイン、そのまま飲むと甘すぎて
私は少々苦手なワインなのですが
最初にワインを一口、口に含み
その後チーズを蜂蜜と一緒に食べ、またワインを飲むと
あら不思議、このワインの甘さが消えて
めっちゃ美味しくなるんです。

苦手と思ってたものでも組合せ1つで
美味しく感じることができて感動ものでした。

e0094906_5203597.jpg

デザート、赤い実のフルーツのスープ&ネクタリンのシャーベット。

楽しかったアルザス旅行もこの日で終了。
翌日はパリへ・・・・(泣)

でもその前にちょっと寄り道。
[PR]
by bibendumkiki | 2008-08-29 21:59 | 旅行♪

昨日、県庁に滞在許可書の更新の予約をしに行ったら
窓口の人に「結婚3年目の更新ね。じゃあ次回は10年ビザだね」と
言われました。私はあと1回、1年ビザを更新しないといけないと思ってたので
改めて聞きなおすと、「次回で10年ビザもらえる」と言われました。
必要書類を記載された紙と複写式のコンボカシオンの1枚を受け取ると
もう一枚の県庁の控え用コンボカシオンに
なぜか私の電話番号を記入させられたんですよ。
最近、念のため連絡先を聞くようになったのか
mariage blanc(偽装結婚)か確認する為なのか
色々考えてみたけど・・・何も疚しいことしてないし
普通にしてたらいいか。


さてさて旅行の続き


e0094906_18362584.jpg


コルマールの後も近くの村の散策。
この日でアルザス最後の日なのでお土産探しも兼ねて
色んなお店を覗いてました。
こちらはTurckheimという村。
村をちょっとブラブラ。
e0094906_1840374.jpg

美味しそうじゃないパンを発見。
買う人いるのかな?っていうかこれ売るんだ・・・

e0094906_415186.jpg

この村にはお鍋で有名なstaub
工場&お店があるので来たのです。

e0094906_43588.jpg

倉庫のようなお店。
パリに比べて少しお値段安くなってました。
プロモーションの物を選べば更にお得かも。
この間、staubのお鍋を買ったばかりなので
見ただけ。
珍しい型や色のお鍋が色々あって
見てるだけで面白かったです。
[PR]
by bibendumkiki | 2008-08-27 21:15 | 旅行♪

Turckheimを後にしすぐ近くの
Niedermorschwihrという村へ。
(何て発音するのかよく分からん・・・ニーデルモルシュウィール?)

e0094906_4202578.jpg

小さな小さな村で村には一軒のエピスリー(食料品店)があるぐらい。
でもこのエピスリーが有名で買いたいものがあったので
寄ってまいりました。
e0094906_423475.jpg

ジャムの妖精と呼ばれるChristine Ferber
(クリスティーヌ・フェルベール)さんのお店。

e0094906_4284987.jpg

お店に入ると野菜やらシャキュトリーやら売ってる横の壁一面に
ジャムが色々並んでました。

e0094906_43142.jpg

水玉のカバーを被ってないジャムは
今月のプロモーションのようでして
更に値段が安くなってました。

パリでも買えるけど値段も若干安め(大差ないけど)で
何より種類が豊富。
で、あれやこれやと選んでたら結構な数になって
Todoっちからどれかに絞れ!とお叱りを受けて
選んで選んで数種類購入。

只今、毎朝フェルベールさんのジャムを
楽しんでます。


この日のおやつ

e0094906_4374537.jpg


アルザスに行った頃の旬、ブルーベリーのタルト。
滞在中、ブルーベリーにハマって
マルシェで買ったり野生の物を摘んで
つまんだり、時々ブルーベリーのタルトを買ったり。
食べまくりました。

↑のはフェルベールさんのお店の物。
大きかったから2人で分けようと
1つしか買わなかったのを後悔。
クラフティーっぽくて美味でしたよ。
[PR]
by bibendumkiki | 2008-08-27 21:15 | 旅行♪


e0094906_515561.jpg

この日は朝からColmar(コルマール)へ。
e0094906_552227.jpg


観光ポイントLa Petite Venise (ラ・プティット ヴニズ)の周りで
マルシェが開いてたのでそこを覗きながら街中を観光。
先に小さな可愛い村々を観光してたので
ここはここでお店も多く素敵な街だけど都会過ぎて・・・・
前の方が印象良かったなあ。

e0094906_5113026.jpg

アルザスに行ったら是非食べたかったのが
地方菓子、クグロフ。

お菓子といってもブリオッシュのようなものなので
パンに近いです。なのでこの日の朝ごはんに頂きました。
このお店のは焼きすぎなのか前の日の残りなのか
ちょっとパサパサしてたので味はまあまあ。
なんか美味しく食べ終えれなかったのでちょっと調子が上がらない・・・


なので、街中を歩いた際に見つけた
美味しそうなケーキ屋さんにてまた購入(笑)。
e0094906_5161839.jpg

こちらのは焼きたてでしっとりしてて美味しかった。
満足満足♪歩く足取りも軽くなりましたわ。
[PR]
by bibendumkiki | 2008-08-26 21:48 | 旅行♪