カテゴリ:Paris あれこれ( 32 )


またまた冷え込んでるフランスです。
引越しして何が嬉しいかってお風呂にゆっくり浸かって
1日の疲れを落とせること。2年半ぶりの浴槽有り生活
めっちゃ幸せです。

e0094906_4531172.jpg

先日シャンゼリゼのイルミネーション見に行ってきました。

去年同様青いイルミネーション。
光に溢れるこの時期は夜の散歩が楽しいです。

e0094906_5124555.jpg


只今EU議長国のフランス。それに合わせてエッフェル塔も青色です。
いつも遠目に青いエッフェルさんを見てたのですが
この日は近くから。

少し前から省エネ対策でキラキラ光る時間も
10分間から5分間に短縮されたようですね。

個人的にブルーよりいつもの色が良いなあ。
[PR]

今日は久々に晴れ間が広がりましたが
ここのところ灰色の空が続きなんだか気分まで
塞ぎがちになってます。
だからこの時期が一番苦手な季節。

この鬱々になり気味な気分を変えるべく
この週末はチョコレートの祭典
「Salon du chocolat」へ行ってまいりました。

e0094906_4415414.jpg

チョコのエッフェル塔がお出迎え。
(レオニダスのスタンドにどどんと設置されてました)

e0094906_4445998.jpg

いくつかのスタンドではこういったお菓子の講習会が。
子供向けの講習会もありましたよ。

e0094906_4474340.jpg

salon du chocolatの目玉といえばチョコレートで作られた服の
ファッションショー。ショーが始まるまではこうやって
展示されてるのでこの周りはいつも混雑。
e0094906_4481121.jpg

e0094906_453331.jpg

チョコレートでブーツやらヒールの靴やら登山用靴などの靴も製作されてました。
服同様、手が込んでて職人技に感心。

salon du chocolatでの楽しみは何と言ってもそれぞれの
スタンドでの試食。でも食べ過ぎると気分が悪くなるのが分かってたので
お目当てのお店でのみ試食。

e0094906_4585865.jpg

試食に手を出す私の左手。
こちらはスウェーデンから出店されてたお店。
クラシックな味からメロンにポルト酒、
シングルモルトウィスキー、西洋わさびなど
興味をそそるお味が多くてついつい長居。
色々聞くとそれぞれ試食させてくれた太っ腹なお店でした。
シェフも素敵な人だった・・・。

e0094906_581056.jpg

日本からの出店「マダム・セツコ」
丁寧な手仕事で美しいチョコレートに沢山の人だかりができてました。
久しぶりに日本的な柄を見て改めて日本の美を感じた今日この頃。
これは食べるのもったいないなあとおもいました。

e0094906_5144693.jpg

こちらは6区にあるJean-Charles Rochouxさんのスタンド。
前々から評判を聞いてたんですがお店に行く機会がなく
今回初めて食してみました。

また親切な日本人のスタッフの方がいらして
色々試食させてもらいながら商品選び。
とりあえずまたいつでも買いに行けるからと
今回は生チョコのみ購入。

その日に作られる果物入りのタブレット
写真右に写ってるイチゴ入りチョコが気になったんですけど
時期ではないのでこの日はパイナップル入りのみ。
パイナップルがあまり好きではないTodoっちが
「non merci」と一言。結局買わずじまい。
また季節になったらイチゴ入りを買いに行こうとおもったのでした。

何気にショーケースを覗いてたら試食をくれて
受け取らざるをえなかった
Sebastien Brocardさんというお店。
試食したjavaチョコの美味しさと
お手頃価格&日本的ネーミングにも魅かれて数個購入。
こちらのお店、日本でも人気があるようですね。知りませんでした。

e0094906_547857.jpg

ピンクが「Ginza」 キャラメルとフランボワーズ、
 緑が「Hakone」キャラメルと抹茶
黄色が「Tendance」 パッションフルーツ
四角いのが「coquin」バナナとナツメグ

他に「Aligato」や「kokura」
なんていうチョコも売ってました。

あとLe Rouxさんのスタンドで
塩の華入りタブレットを購入してこの日のミッション終了!

なんやかんやと食べ過ぎてちょっと気分悪くなりましたけど・・・
美味しいチョコを色々仕入れて楽しいサロンでした。
口直しに日本茶持参してて良かった。
[PR]

疲れが取れないと思ってたら結局風邪をひいてしまい
この週末は寝込んでました。
せっかく天気のよかったこの週末、どこにも行けず残念。

e0094906_4545570.jpg


でも、この日の為に少しでも体調を整えておかねば・・・と思ってたのですが
熱が引かなかったにも関わらず昨日は年2回のお楽しみ
Yohji Yamamotoの春夏コレクションを観に行って参りましたよ。
私の体調を見た同僚が「代わりに観に行ってあげる」と言ってくれたけど
丁重にお断りしました。。
私だって楽しみにしてたんだから譲るわけにはいかへんし。

e0094906_522089.jpg

相変わらずショー開始時間までは挙動不審者のようにキョロキョロしながら
色んな人を眺めてました。
今回は個性的というかお洒落というか
不思議な格好をした人を沢山見かけて
写真に色々収めてみたけどブレてるのが多かった。
やっぱり動いてるものを撮影するの難しい・・・・

コレクションは相変わらず美しいの一言。
背が高くないとバランスが悪くなりそうな組合せの服が多かったかも。
(ロングシャツにロングスカートを合わせてたり等々)
↑は個人的に好きな格好。

::この場を借りて::
毎回、別世界への招待状どうもありがとう。
今回も堪能させて頂きました♪
[PR]

夏至を迎えてからなパリです。
陽射しが強くても木陰に入ると涼しく爽やかなので
意外と過ごしやすいのが日本と違うところ。



さてさて夏を迎えると多くなるのがミュージック・フェスティバル。
特に無料Jazz festivalが開かれることが多く
我が家のご近所、La Défenceでもこの週末まで
開催されておりJazz好きTodoっちに連れられて
行ってまいりました。

e0094906_143149.jpg


この日のミュージシャンはジャズ・ピアニストのHerbie Hancock
e0094906_3441525.jpg

Todoっち曰く「Un des meilleurs pianists de jazz」だそうで
そう言われたら無料で聴けるんだし、行かない訳にはいきませんな。
案の定、沢山の人が聴きにきておりました。


今回は女性シンガーと一緒にセッション。

大きな男性達に囲まれ
ステージも何も見えないのに
前の方で聴いてたんですけど
途中から近くで喧嘩が始まったり
タバコの煙&カナビスの臭いで気分が悪くなって
後方へ退散。

なので↑の写真はTodoっち撮影。

皆おもいおもいに聞き入っておりました。
[PR]



車オタTodoっちのたっての希望でこの週末は早起きして
Retromobile(クラシック・カー)の見本市へ行ってきました
e0094906_4393299.jpg


こちらメルセデス・ベンツ Mercedes simplex 1904年製
ベンツと合併前の車だそうな。

この先車に興味のない方スルーしてください

車、くるま、クルマ
[PR]

ここ数日朝はマイナス、昼間も1、2℃程度
さっぶい、さっぶいパリです。
靴下用カイロ貼って出かけないと足元が冷えてひえて・・・

こんな刺さるような寒さの中、シャンゼリゼのイルミネーションを
見に行って来ました。
e0094906_5304739.jpg

今年はブルー。
所々細長い電球を使用してて光が流れ落ちるようになってて
それはそれは綺麗でした。
それと今年から省エネ電球を使用してるらしく
例年に比べて電気代がかなり安くなってんだって。

シャンゼリゼ通りって外資系のお店&クルマのショールームが多くて
パリらしい風景が殆ど残ってないので用がある時以外は行かないんだけど
やっぱりイルミネーションの期間は行ってみたくなるのです。

私はこれメインだったんだけど車オタなTodoっちの目当てはこっち。
e0094906_5385783.jpg

最近完成したシトロエンのショールーム。

e0094906_5414043.jpg

吹き抜けになってて階段を上りながら車を見るようになってました。
どうやって納車するのかは謎。
[PR]

先週の火曜の夜から始まってるスト。
本日もまだ継続中。
しかも今日は郵便局や公務員のストも行われてます。
一体いつ平常どおりになるのやら。

こんな中週末はパリ東部のヴァンセンヌの森で行われてる
bioの見本市、Salon de Marjolaineへ今年も行ってきました。
週末も交通機関のストが継続中&真冬並みの寒さだったのですが
沢山の人が来てました。
平日はストで来れないから週末に車で・・・という人が多かったみたい。

なので会場内は人・人・人で溢れてたので写真はございませんが
つまみ食いしたものの写真を一部。

e0094906_19225319.jpg

去年に比べて食べ物スタンドが増えてて
何を食べようか迷ったけどとりあえず最近はまってる栗カボチャを。
フライドポテトのカボチャ版で塩をかけてもそのままでも
ホクホクして美味しかった。

e0094906_19244223.jpg

そば粉と野菜のガレット。去年も食べて美味しかったので今年も。

Todoっちは昨年同様bioソーセージ&フライドポテトを。
で、デザートにサツマイモのケーキ。
e0094906_19315885.jpg

気になってるけどまだ買った事のないフランスのサツマイモ。
日本のに比べてちょっと水っぽい感じがしたけど
味はまあ似てるので今度自分でも作ってみようかな~と思った。

そのほか会場内でbioチーズ、ワイン、パン、ハーブティー等など色々
試食してもうお腹いっぱい。
色々試して美味しかったものを買って帰りました。

他にも環境保護団体やエコツーリズムのスタンドなどもあり
そこで色々話を聞くのも結構楽しかった。
普段意識してるようでそこまで出来てない環境問題。
結構考えさせられました。

e0094906_19465949.jpg

↑でも書いてますがこの日はめっちゃ寒くって池の水も氷がはってました。
1月並の気温だったんだとか。
厚手のコートにニット帽、でも手袋を忘れて後悔してた2人です。
[PR]

昨日はフランス全土で公共企業の「特別年金制度」に対する
greve(スト)がありまして、交通機関がマヒしてしまいました。
今回は1995年以来のかなり大規模なストだった模様。

この日は有給を使用して仕事に行かない人が多いけど
Todoっちはマイカー通勤なのでいつもと何も変わらず出勤。
私も有給利用したかったけど・・・人がいないし
行けない距離でもなかったので歩きやすい靴&身軽な荷物で
少し早めにいざ出勤。

前の日の情報ではトラムは少し運行すると聞いてたんですけど
駅に着いてみると結局運休。
メトロは1,4,6番線のみ少し動いてたので
1番線の駅のあるラ・デファンスまで徒歩で行く事に。

途中以前住んでたアパートも通ってきました。
裏の建物まで通り抜けれて広々した入り口に
壁が出来ててなんか窮屈な感じがしたのは気のせいかしら。
それと歩道が綺麗に整備されて歩きやすくなってた。
新しいお店が出来てたり、あったはずのお店の無くなってたりと
1年半離れると何かと変わってるものだなあと思いながら
歩いてると案外駅に早く着いたような気が・・・(それでも約45分)
その後タイミングよく着たメトロに乗り駅から歩いて仕事場へ。
所要時間約1時間半でした。
ちなみに普段は20分から30分で到着。

帰りも1番線の駅まで歩き、これまた待ち時間少なくメトロが着たので
それに乗ってデファンスまで。デファンスからはTodoっちが
迎えに来てくれたので車で帰宅。
家に着くと一気に疲れが・・・・。グッタリしてしまいました。

パリ市内だと最近話題のVelib(レンタル自転車)を利用してる人が多かった。
(だから何処の駐輪場も自転車がなかったかな)
それとローラーブレード率も高かった。あと地道に歩く人。
運よくメトロに乗れたけどやっぱり交通機関を当てにせず自分の力で進むことが
こういう日は一番だなあと感じたわ。

帰宅してニュースをみるとストの話題と
サルコジ大統領とセシリア夫人の離婚の事ばかり。
やっぱり・・・と思ってたけど
ストよりもこっちの方がちょっと気になった。

ちなみに今日もストの影響が出てて電車の本数も少ないそう。
それにこの年金問題が解決するまでストを続行するような事も
言ってるし・・・いつまで続くのやら。
[PR]

毎年9月の第3週末はLa journee du patrimoineという
文化財一般公開の日で普段見学できない建物などが
見学できる日になっています。

去年は我が街のワイン畑に行ってきたのですが
今年はTodoっち&私の好きな建築家Le Corbusier
Villa La Roche 
(ロッシュ邸)と
Appartement-Atelier de Le Corbusier
(ル・コルビュジエのアトリエのあるアパート)
の2つを見学してきました。

e0094906_2202985.jpg

まずロッシュ邸、ル・コルビュジエ財団の建物の横にある家で
ル・コルビュジエと親交のあったロッシュ氏が
絵画のコレクションを展示するためのギャラリーのある家の設計を
依頼され作られたそうです。
この日は無料で公開されるからか沢山の人が来てました。
このオニイサン一生懸命写真を撮っててずっと待ってたんだけど
なかなかどいてくれないので一緒に写してしまいました。

私達「にわかル・コルビュジエ好き」なので建築云々について全く
詳しくないのでこんな感じの家ということでどうぞ! ↓

e0094906_2301374.jpg

e0094906_2303951.jpg

e0094906_2305498.jpg


次にル・コルビュジエのアトリエ&アパート。
建築家の顔も持ちながら家具デザインや絵画・彫刻なども創作していたそうで
このアパートは彼が絵を描くためのアトリエを兼ねてたそう。
↑のvilla La Rocheの家具も全てル・コルビュジエのデザインです。
e0094906_18413945.jpg

この最上階がアパート兼アトリエ。
他のフロアーに住んでる方がいるのでアポイント制でした。
e0094906_18415928.jpg
e0094906_18421581.jpg

duplexになってて上階は寝室&テラスが。
眺め良し。
e0094906_18444651.jpg

ダイニングからサロン、アトリエ方向を撮ってみました。

e0094906_1845597.jpg

アトリエ、天井高くてアパートに居る事を一瞬忘れてしまった。

2つの住居、何処の部屋からも光が入って明るく清々しい気分になったわ。
こんな所に住めたら・・・なんて2人で言ってましたが
パリでは夢のまた夢。

両方の建物、普段も公開されてます。
Villa La Roche
10 square du Docteur-Blanche
75016 Paris
月曜 13h30-18h
火曜~金曜 10h-12h30,13h30-18h(金曜17h迄)

Appartement-Atelier de Le Corbusier
24 rue Nungesser et Coli
75016 Paris
水曜 9h-12h 土曜 14h-17h
要予約 01-42-88-75-72
多分このアパートは見学料を払わないといけないはず。
[PR]

夏になると野外ライブや野外シネマなど
バカンスに出なくても色々イベントがあって結構楽しいパリです。
この週末はsolidaysというエイズ撲滅のライブに行ってきました。
会場は近所のロンシャン競馬場。徒歩で行けるのがありがたい♪

土曜日は天気も良くライブ日和。
事前にプログラムを公開してくれないので
(会場でプログラムを販売する為。これがチャリティーになるようです)
仕事を終え急いで会場に行くも入り口で大行列。
入るのに1時間以上待たされ、結局入場できたのが19時前。
この日、私が一番楽しみにしていたのが
東京スカパラダイスオーケストラ
でも、プログラムを見てみると16時~となってて既に終了(泣)

楽しみ半減しながらも気を取り直し19時から始まる
Sean Lennonのライブへ。
(写真撮ったんですがピンボケでした)
彼、流暢にフランス語話すんですよ。MCの間もずっとフランス語で
(時々英語もチャンポンしてましたが)感心してたんですが
彼の話し方を小バカにした態度を取るフランス人が多くて
ちょっと感じワルかった。お前は外国語を流暢に話せるんか~って
言いたくなりましたが・・・。

ライブ会場が4ヶ所あったのでいつもどこかでライブが行われてて
ブラブラしながら見たのが
e0094906_161171.jpg

SUM41。アメリカのパンクロックグループ
これぞ野外ライブって感じでめっちゃ盛り上がってて
靴投げたりダイブしてる人が沢山いました。

e0094906_16142672.jpg

Lily Allen。イギリスの歌手でCMやラジオで彼女の曲が流れてるので
この日のライブのお目当ての人が多かったんじゃないかな。
私はCMソングのいかにもPOPSな曲しか知らなかったけど
ちょっとレゲエの要素も入った音楽だったので意外と良かった。
私の前にいたオバちゃん。歌を聴かずに彼女の写真を撮るのに必死でした。

e0094906_16185093.jpg

ステージ近くに行って聴く人もいればこうやって芝生に座ってのんびり
音楽を聴いてるひとも多かったです。

この日は朝5時までライブがあったようです。
私達は12時頃に退散。もう立ち疲れ。身体ダルイです。

e0094906_1640814.jpg

日曜日、重い身体を引きずってライブ会場に着くと
雨が降り出してきました。
天気が良くなくともライブは楽しいですね。

このジプシージャズグループ、テンポの良い曲ばかり
演奏してくれるからか自然と身体がリズムをとって
濡れながらもノリノリで踊ってる人多かったです。

e0094906_1634679.jpg

この日の私のお楽しみ。Ayo
昨年末にライブに行ったけどやっぱり良いです。
声も好きだけどファッションセンスも結構好きなんですよね。
こんな格好似合うかね~とTodoっちに聞いてみると
「足の長さが違うからkikiには似合わないよ」って
ばっさり言い切られてしまいました。
まあ好きと似合うは違うという事で・・・でもきついなあTodoっち。

e0094906_1645883.jpg

雨の間は飲食スペースのテーブル・椅子を積み上げて雨宿り。
ナイスアイデア。(私野外ライブに行くの初めてだったんですけど
日本でもこんな風にするんですかね?)
[PR]